2017年12月29日

年末のご挨拶

熊の宅急便企画主宰の木下より年末のご挨拶のお届け物です。
久しぶりの更新です。
忘れたころにやってきます。
2017年、大変お世話になりました。
1月 劇団ゴサンケ『ドロシー』トト役にはじまって、
4月 熊の宅急便『ようこそご先祖様御一行』ヒロセ役
5月 NOLCASOLCAstage『ミロクとホクシン』ザゴウ役、
7月 第六回『10のN乗の世界』色々役、
9月 劇団走馬灯『自己再生2』被験者B役、
11月 劇団土竜『sin』色々役、
12月 オリゴ党プロデュース『グラスナイフ』マネージャー役、
そしてつい先日喫茶フィガロで公演しました『日常風景の日常風景』これまた色々役。
とまあ、当企画で作・演出・出演を三本、客演を五本と中々多忙な一年でした。

そして何よりも変わった事といえば五月、熊の宅急便に団員が入った事でしょうか。
旗揚げに参加していた学生劇団時代の同期である高橋玄を団員に迎えて木下の個人企画では無くなったわけですが、何よりも頭二つ、腕四本という状態がどれほど素晴らしいのか大いに実感した一年でした。
二年ぶりの演劇に熊宅を選んでくれた玄ちゃんに後悔させないためにも、全力で頑張んなきゃなと書きながら改めて思う年の瀬です。
さて、そんな木下ですが既に来年は三本、作・演出・出演の予定がございます。
俳優・木下航しか知らない方も多いもので
来年こそは作家・木下、熊の宅急便企画の魅力も多くの方々にお届けできればと思っております。
まずは手始めに一月は第七回『月、皓々として空高く』。
月を夢見た男(というか悪ガキ)三人がワイワイ楽しくお酒を飲んで騒ぐお話です。
現在鋭意稽古中です。
年明けからキャストやキャラクター、作品の紹介なんかもお届けできればと思っておりますので、
なにとぞ来年も熊の宅急便企画、よろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎えください。
posted by 熊の宅急便企画 at 20:48| Comment(0) | 第七回公演『月、皓々として空高く』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする