2018年06月13日

熊の宅急便企画第八回公演のお知らせ!

LINE_P2018617_185849.jpg
熊の宅急便企画第八回公演
『連星別道(つらぼしみちをわかち)』
副題[新釈三国志列伝 袁紹本初伝]
作・演出 木下 航

あらすじ
時は後漢末期(ごかんまっき)の中国、曹操孟徳(そうそうもうとく)と袁紹本初(えんしょうほんしょ)は無二の親友であった。 成り上がりの新興貴族曹家の嫡男であり奴隷階級の祖父を持つ曹操と、累代の名門貴族袁家の跡取りでありながら母親の身分が低く一族の爪弾き者である袁紹、貴族社会の只中に いながら貴族たちから受け入れられる事のない境遇の若き日の二人は互いを兄弟星と呼称 し共に国家の現状を憂いて巻き起こった乱世に身を投じていく。 しかし、その戦いの中で社会のあるべき姿を取り戻す事を目指す袁紹に反して曹操は政治 の新しい姿への変革こそ今必要なものと認識する。 目指す理想の違いから二人の溝は徐々に深まり、やがて国家を二分する対立へと繋がって いく。 歴史を彩る一大決戦「官渡(かんと)の戦い」、国家の行く末を決めた新旧の時代と時代の激突を二人 の英傑を通して描き出す。

出演
木下航
出田英人
魚水幸之助
瀬戸銀乃
チェサン
野口昌彦(ISCplayer[s]/Production Dayze)
朴友鳩(U・WA・SAの奴等produce)
坊俊幸(音声劇団五里夢中)
坪田直大(音声劇団五里夢中)
上田直人(RABBIT GANG)
他アンサンブル
公演日程
7月
14日 本番 13:30〜/18:00〜
15日 本番 13:30〜/18:00〜
16日 本番 14:00〜
※途中休憩10分有り
公演時間は120分を予定しています。

●受付開始は開演の45分前、開場は30分前になります。

会場
一心寺シアター倶楽
〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F

チケット料金
当日3500円
予約3000円
学割(要証明)2500円

カルテットオンライン予約フォーム

posted by 熊の宅急便企画 at 14:47| Comment(0) | 熊の宅急便企画第八回公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

年末のご挨拶

熊の宅急便企画主宰の木下より年末のご挨拶のお届け物です。
久しぶりの更新です。
忘れたころにやってきます。
2017年、大変お世話になりました。
1月 劇団ゴサンケ『ドロシー』トト役にはじまって、
4月 熊の宅急便『ようこそご先祖様御一行』ヒロセ役
5月 NOLCASOLCAstage『ミロクとホクシン』ザゴウ役、
7月 第六回『10のN乗の世界』色々役、
9月 劇団走馬灯『自己再生2』被験者B役、
11月 劇団土竜『sin』色々役、
12月 オリゴ党プロデュース『グラスナイフ』マネージャー役、
そしてつい先日喫茶フィガロで公演しました『日常風景の日常風景』これまた色々役。
とまあ、当企画で作・演出・出演を三本、客演を五本と中々多忙な一年でした。

そして何よりも変わった事といえば五月、熊の宅急便に団員が入った事でしょうか。
旗揚げに参加していた学生劇団時代の同期である高橋玄を団員に迎えて木下の個人企画では無くなったわけですが、何よりも頭二つ、腕四本という状態がどれほど素晴らしいのか大いに実感した一年でした。
二年ぶりの演劇に熊宅を選んでくれた玄ちゃんに後悔させないためにも、全力で頑張んなきゃなと書きながら改めて思う年の瀬です。
さて、そんな木下ですが既に来年は三本、作・演出・出演の予定がございます。
俳優・木下航しか知らない方も多いもので
来年こそは作家・木下、熊の宅急便企画の魅力も多くの方々にお届けできればと思っております。
まずは手始めに一月は第七回『月、皓々として空高く』。
月を夢見た男(というか悪ガキ)三人がワイワイ楽しくお酒を飲んで騒ぐお話です。
現在鋭意稽古中です。
年明けからキャストやキャラクター、作品の紹介なんかもお届けできればと思っておりますので、
なにとぞ来年も熊の宅急便企画、よろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎えください。
posted by 熊の宅急便企画 at 20:48| Comment(0) | 第七回公演『月、皓々として空高く』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

『ようこそ、ご先祖様御一行』こぼれ話

第五回公演『ようこそ、ご先祖様御一行』終演いたしました。
ご来場いただきありがとうございました。

さて、公演も終わりましたので、ちょっとしたおまけを書いてみようかなと思っております。
じつは毎公演、ちょっとした悪戯心が作品内に有るんですが中々外に向かって語る機会が無かったもので。
せっかくなので今回こぼれ話と称してそんなこんなを紹介していきます。

posted by 熊の宅急便企画 at 23:25| Comment(0) | 第五回公演『ようこそ、ご先祖様御一行』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする