2018年06月28日

第八回公演中止のお知らせ

この度2018年7月14日より上演を予定しておりました当劇団の第八回公演を中止することを決定いたしました。公演参加者、一心寺シアター倶楽の方々、何より観劇を予定されていたお客様へ心底より謝罪申し上げます。
大変申し訳ありません。

 公演中止の理由ですが、準備期間の当初から公演の内外でトラブルが続き、納得のいくクオリティーでの上演が不可能だと企画として判断しました。旗揚げ前から構想が有り、長く上演の機会を待った作品であるだけに無理をおして上演することは上演中止にもましてお客様、参加者、この作品に対して誠意を欠くものだと認識した次第です。運営として諸々の問題への対処が遅れ公演全体に影響を及ぼすまでにしてしまったのは僕自身の不手際であり、後悔の念が絶えません。

完成した脚本は作者として多少の自惚れも加味していますが非常に完成度の高いものです。それゆえに万全の状態で今一度本作品に臨み、お客様に披露することが最大の謝罪になるのではと考えております。そのために公演での自身の立ち位置、熊の宅急便企画という演劇集団そのものの在りようから考え直してまいります。

改めて今回はこのような報告になってしまい深くお詫び申し上げます。
大変申し訳ありませんでした。

                   熊の宅急便企画主宰・木下 航
posted by 熊の宅急便企画 at 21:59| Comment(0) | 熊の宅急便企画第八回公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

「政」って一字で「まつりごと」って読むんですよ。

みなさまはじめまして!
……いや、何度かお会いしたこともあるかな???
久々の方はお久しぶりです。
どうもこの度客演させていただきます音声劇団五里夢中の坪田直大です。
今回はアンサンブルということで、いつも稽古では端っこで、隅っこにいることが多いです(笑)

さて今回のテーマですが、『三國志』です。
……実は僕、三國志知らないんですよね。
「呂布(りょふ)」を「ろふ」とか読んじゃうくらいには知らないんです。
ホンマに分からないので、僕にとって今回の公演こそが僕の三國志デビューなわけです。
稽古の初期の段階で、固有名詞の読みに苦戦はしましたが、話は面白いです。
三國志はじめましての僕でも飽きずに今回のラストまでいけました。
これは三國志が面白いのか……。はたまた木下航解釈の新釈三國志が面白いのか……。

歴史モノの役も初めての事で、その当時生きてた人間を演じる楽しみみたいなものもあって、すごく楽しいです。
観に来ていただいたお客様の方々にも、新しい三國志の側面を体験させられるような舞台に仕上がってると思うので、是非観に来て、歴史の体験者になってほしいと思います。

最後に宣伝と、主に舞台を暴れますメイン6人の関係をまとめた“嘘相関図”を添付してさよならします!では!会場でお会いしましょう!

熊の宅急便企画 

『連星別道(つらぼしみちをわかち)―新釈三国志列伝巻ノ壱 袁紹本初伝―』

予約

https://www.quartet-online.net/ticket/kumataku8/reserve?m=0ijedjf




37B3B359-F8C0-43C4-BB39-F572B405398D.jpeg5441706E-8D99-472E-9470-B64E11861549.jpeg4F3B0327-8905-4DB2-BEE6-46E4A202FE50.png
posted by 熊の宅急便企画 at 01:20| Comment(0) | 熊の宅急便企画第八回公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

三国志と聞いて思い浮かべる物がガラリと変わる作品になると思うのでお楽しみに

皆さま、625日、梅雨空が続き、雨滴る日々をいかがお過ごしでしょうか。625日と言えば、841年、フランク王国国王ルートヴィヒ敬虔王の死を契機とした、彼の息子たちによって争われたフォントノワの戦いが起こった日ですね。この戦いに東フランク王ルートヴィヒと西フランク王シャルル

が勝利したことでフランク王国の分裂は決定的となり……


閑話休題


はじめましての方はお初にお目にかかります。

お顔見知りの方は、またお会いできて光栄です。


音声劇団五里夢中の坊俊幸です。


熊の宅急便企画には第三回、第六回、第七回に参加。出会ってから早二年のお付き合いになります。


さて、今回の熊の宅急便企画は三国志。

主催木下航が練りに練った作品

「連星別道ーつらぼしみちをわかちー」


自分はアンサンブルとして作品に色を添えさせていただきます。


三国志モノの題材としてよく扱われるのは「三国志演義」と呼ばれる「三国志を基にしたバトル小説」が多いのですが、今作は歴史書「三国志」を木下航が新たな解釈で、三国志の星々である武将たちを列伝という形を持って舞台上で輝かせます。


お時間、ご都合許しましたらば是非。


時は

7月の14.15.16

場所は

天王寺 一心寺シアター倶楽


ご予約はこちら

https://www.quartet-online.net/ticket/kumataku8?m=0ijedii


長文失礼しました。

posted by 熊の宅急便企画 at 13:28| Comment(0) | 熊の宅急便企画第八回公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする